海外「幽霊のようなタコ」米ハワイ沖で発見した深海に住む、新種タコとは?

スポンサーリンク

米ハワイ州沖の深海で、新種とみられる「幽霊のような」タコが発見されました。

米海洋大気局によれば、ハワイ諸島の北西にあるネッカー島の沖合の深海で、潜水調査艇が偶然、半透明の小さなタコを発見したといいます。

今月2日に発表された声明の中でNOAAのマイケル・ベッキオーネ氏は、「遠隔操作探査機が水深4290メートルで、沈殿物が散在する平たんな岩礁を移動していた際に、驚くほど小さなタコを発見した」と述べ、「この生物の外見は、これまで発表された記録の中では見たことがなく、その観測水深としても最深だ」と付け加えました。

同氏はさらに、発見されたタコの触腕には、通常2列の吸盤が1列あるのみで、「特に珍しいのは、大半の頭足類(タコやイカなど)に多い色素細胞がないこと。筋肉もほとんどないように見えた」と述べています。

ソーシャルメディアでは幽霊が主人公のアニメにちなんで「キャスパー」のあだ名を付けられたこのタコは、NOAAの調査船「オケアノス・エクスプローラー」に搭載されたカメラで撮影されました。

この船では、世界でもあまり知られていない海域で海洋地質や海洋生物の探査を行っているようです。そんな「幽霊のようなタコ」の様子を見てみましょう。

  • かわいい!

  • どうしてこんなに話題になるんだろうか?

  • 可愛すぎる!

  • どのくらいの大きさなんだろうか?

  • 大体約14センチくらいだね。

  • この小さなタコを自分のペットにしてみたいなぁ!

  • 一握りしてみたいわ。

  • どうして深海にいるのにプールの底みたいに明るいんだ?

  • 神様は不思議で信じられない生き物もクリエイトしちゃうんだね。

  • やばいな!

  • マジで可愛い!

  • 触ったらどんな感触なんだろうね 。

  • 早く食べてみたいなぁ…。

  • 日本に新しい海鮮料理のメニューが加わるね。

  • 君みたいな人がいるから我々の海がひどくなっていくんだ。

  • 野菜でも食ってろ!

  • どうしてキャスパーなんだろうか。

  • 刺し身として食った時の味がものすごく気になる!

  • 小さいタコが足の間を泳いでるところを想像したら可愛くてしかたない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース