海外「桜の葉の塩漬けで作る道明寺餅・春の和菓子に挑戦!」関西風さくら餅作り


関西風さくら餅は、道明寺餅ともいい、道明寺粉(どうみょうじこ)を使い桜の葉で包んだ桜餅で、伝統的な和菓子のひとつです。また大阪府藤井寺市(ふじいでらし)には、道明寺という道明寺粉の名前の由来になったお寺があるそうです。
関西では、道明寺餅の名で売られていることもある桜餅ですが、餅にあんこを包み、桜の葉の塩漬けを2時間水にさらしたものを包んでいきます。桜の塩気がとあんこの甘味が絶妙でおいしいですね。
そんな「関西風さくら餅」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kOM_wRdBdDY


世界の反応

  • わあ、ご飯がこんなに違うとは思わなかった。
  • 米の種類はもち米っていうんだよ。
  • おいしいデザートを作るための多くのステップと時間をかけるのはとても素敵だね。
  • 真ん中の具の濃い紫色が大好き!
  • 俺 和菓子大好き。
  • 桜餅超美味しそう‼️こし餡だからもっともっと超美味しそう!
  • 美味しくて綺麗!葉も食べられますか、それとも装飾ですか?
  • すごくキュートで可愛いね。
  • サムネイルの米はハムスターの色をしているので、ハムスターだと思っていたよ。
  • とても甘い。
  • とてもクールな季節の御馳走を作る方法を見れてとても良かったよ。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする