海外「扱いが丁寧!」日本の伝統、箸と割りばしについて

スポンサーリンク

箸(はし、お箸)は、中国や日本などで、食事の際に利用します。その利用方法は、細長い2本の棒で食べ物を挟むのに使われます。材質は、木・竹・金属・プラスチックがありますが、高価なものでは、象牙で作られたものがあるようです。

箸の持ち方を子は親から教わることが多いですが、正しい持ち方をしないと、魚の身をうまくほぐせなかったり、豆がつかめなかったり、また箸の持ち方ひとつで、人の印象も変わります。なので、正しい持ち方を子どもに教える、矯正箸(きょうせいばし)も売られています。

飲食店では、プラスチックの箸のお店と、割りばしを提供するに分かれています。使い勝手がよく、うどんや、ラーメンなどのを麺料理を食べるときは、角があるため食べやすいのが特徴です。

また割りばしを割ること神経質ならずとも、料理は食べられます。そんな日本の風習、箸をおもしろ、おかしく表現したものが、動画にアップされていましたのでご紹介します。

rapture_20160827172902

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=k3vBqX1NTBc


世界の反応

  • ワロタ!

  • 史上最高のパロディ映像!

  • 空手割りは怪我しそう。

  • イッツアスモールワールドw

  • これは酷いwww

  • 半分くらいジョークなのに、外人が本気にしてしまうwww

  • これはとても面白いです。

  • フェニックスからの銀河にめっちゃ笑ったw

  • オカマ割りはうけるぅぅぅーーー!

  • ハハ!これは素晴らしいです!

  • めっちゃ笑ったw

  • 笑いすぎて涙出たw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース