海外「たくさんの愛情が詰まった車ミニ」日本仕様のミニクーパーの魅力を発掘!

スポンサーリンク

ミニ(Mini)は、イギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が生んだ大衆車。自動車として必要最低限を形にした設計は、登録当時、革命的とまでいわれた。

日本では優れたデザインや軽自動車相当にコンパクトなサイズが評価され、モデル晩年は日本が主要マーケットとなっていた。

長く低迷したイギリスの自動車工業界の状況を反映し、生産、販売会社の名前は幾度も変わったが、ミニ時代は2000年まで40年以上に渡り生産、販売が継続された。1994年以降がドイツのBMWがランドローバーと同時にローバーの傘下とし、ミニにまつわる権利も手中にした。

そんな「日本仕様のミニクーパー」を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=fvKelVcqlsw

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wEjbizDDDJ8


世界の反応

  • こういう風に笑顔にしてくれるクルマが良いクルマなんだよね。

  • ミニが完成してすごく嬉しい!

  • 運転中ニヤニヤが収まらないね。

  • 明らかに最後ウルウルしてるでしょ。

  • 彼にとってこのミニは感慨深いものだったろうに。

  • ものすごく遅そう。

  • これはちょっと感動するね。

  • クルマってのはそういうもんだ。

  • 泣きそうになってしまった。

  • 泣くのをこらえるのが大変そう。

  • 素晴らしいビルドだね。

  • 馬力が知りたい!!!

  • スーパーチャージャーをつけたミニが何で日本車になるの?

  • たくさんの思い出が蘇ってきた。

  • このミニにはたくさんの愛情が詰まってる。

車内の木の内装がとても綺麗ですね。彼にはとても小さいと思えるけど、その情熱が凄い!また路肩が舗装されておらず、緑の芝生で覆われているのが見ていて、興味深かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース