海外「皮ごと食べる甘酸っぱい冬の果実」金柑と苺と葡萄のフルーツ飴の作り


金柑(きんかん)は、冬が旬の果物のひとつです。旬をむかえた金柑は、甘酸っぱさと甘さが程よくまるでみかんのようですが、皮をむかず食べることができ、また調理する際にもそのまま使用します。
生食や、甘露煮で食べられるのが一般的ですが、小さな金柑を飴にして食べることも出来ます。いちご、ぶどうとともにかわいい見た目がいいですね。飴にする際はフルーツの水分が多いと固まりにくいため、出来上がってすぐ食べることをおススメします。
そんな「金柑と苺と葡萄のフルーツ飴」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Rdl6s3o0Hz4


世界の反応

  • これが本当の作りかたか。沢山みてきたけどいちばん綺麗。
  • 水分で飴が溶けるの知らなかった。
  • 今まで見たフルーツ飴の中で1番綺麗。
  • そうやって飴立てるんだね。
  • ぜひ試してみたい!
  • 宝石みたいですごいね!
  • 作ってみたけど、ねちょねちょの飴が出来ちゃったよ。
  • パリパリの飴美味しそう。
  • 美しいね!アクセサリーとして身に着けて歩きたいよ。
  • 一度試してみたいね。
  • フルーツ飴大好き…!
  • シュガーコーティングされたフルーツの形の可愛さが凄いね。
  • すごい音質いいね。
  • 砂糖漬けの果物を作るための簡単な方法だね。
  • なぜイチゴの茎を残しているの?
  • 最近YouTubeでフルーツ飴流行ってるよね。
  • 綺麗♡お鍋も素敵!
  • 最近いちご飴人気だよね!️109の地下に行列出来ててビックリ!
  • 金柑って美味しいのかなー?皮が厚そうだけど。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする