海外「刺身を昆布で挟むだけプリプリ食感がおいしい」真鯛の昆布締めの作り方

昆布締め(昆布〆)は、食材を昆布で挟んだ、主に魚の刺身に使われる料理法のひとつで、数時間から約1晩ほど寝かせて作ります。新鮮な魚はあっさりしていますが、こぶ締めを行うことで、昆布の旨味と刺身の余分な水分がとれ、ぷりぷりコリコリした食感が特徴です。
元は富山の郷土料理で、県内では、昆布巻きかまぼこ、ニシンの昆布巻きなど家庭料理としてよく食べられています。昆布締めに使う刺身は、カジキ、ブリ、鯛、ヒラメ、イカ、白エビ、ホタルイカなど、ほぼすべての魚介類に応用することが可能で、一味違った食感と手軽さが魅力です。
そんな「真鯛の昆布締め」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RqRWILxJCFA


世界の反応

  • 伝説が帰ってきた。
  • フランシスは賢い犬だったよね。
  • このレシピが大好きだよ。
  • 昆布大好きなので見ているだけでよだれが出そう。
  • おでんの昆布を再利用するのがいいよね。
  • とても美味しいね!
  • 大好物だから動画を上げてくれてありがとう。
  • わぁ美味しいそう!
  • 見た目が圧倒的に美しいね。
  • シェフがキッチンで使用する小さなトレイが大好き!
  • とても興味深い!この方法を試してみよう!
  • よさそう!シンプルで美味しそうだね。
  • 昆布の旨味は間違いなく絶妙な味だよね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    富山では何でも昆布締めにする
    魚・肉・野菜・・・・タケノコの昆布締めとかとてもおいしい