海外「5年前の懐かしい風景」人の流れをとらえた、東京・上野アメ横

スポンサーリンク

アメヤ横丁(アメヤよこちょう)は、約400店を有する商店街です。東京都台東区、JR御徒町(おかちまち)駅と上野駅との間にあり、第二次大戦直後、飴(あめ)屋やアメリカ進駐軍の放出物資・横流し品を扱う店が多かったそうです。

正式名称はアメ横商店街連合会(アメよこ しょうてんがい れんごうかい)であるが、アメヤ横丁のほか、アメ横(アメよこ)、上野アメ横(うえのアメよこ)、アメ横商店街(アメよこ しょうてんがい)などと通称されることが多く、商店街の看板にも「アメ横」と表示されているものがあるようです。

そんな「東京・上野アメ横」の様子をみてみましょう。

  • アメージング!

  • 良い!

  • もう一度に行きたいです!

  • 上野でのショッピングが大好きです。

  • 素晴らしい!

  • 本当に素晴らしいです!!

  • 懐かし~い光景!

  • 本当に、本当に東京を訪問したいです!

  • これは何のカメラですか?

アメ横は、観光客から地元の方まで利用する活気ある街です。ですが、開店前のお店の様子や通学・通勤時間帯の様子などはそこにいなければ体験できないものです。それがとてもよくわかるいい動画でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース