海外「義理チョコは素晴らしい!」日本のバレンタインデー文化、ポッキーの文字が面白い!

スポンサーリンク

2月14日は、日本では一般的に女性から男性へ、チョコレートを添えて愛を告白する日とされていますが、一部では義理チョコや、友チョコなどを渡す日でもあります。

そんな中グリコが、2016年のバレンタイン限定パッケージとして、「ポッキー改名キャンペーン」というのを行いました。
ホワイトデーにも使える「オカエシー」、子どもからお母さんに感謝の気持ち「ママッキー」など限定パッケージは全部で10種類あるそうです。

そんな日本のバレンタインデー文化の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bLv-FyGOo4k


世界の反応

  • 私はジャガイモを食べてバレンタイン一日を過ごすつもり。

  • 面白いです!

  • スーパーかわいい。

  • 「義務チョコレート」(笑)とても素晴らしいね。

  • 今年ももらえなかった。

  • どのくらいの費用がかかりましたか?

  • 可愛いですね!

  • いろいろあるんですね。

  • 義理チョコレートってなに?

  • ポッキー史上最も細いやつ、好き~。

  • この前コンビニで見かけて買ったよw

  • 義理チョコは陽気に聞こえます。

  • グレートビデオ!文化レッスンだけでなく、
    言語のレッスンで面白い名前の組み合わせが大好き!

  • ポッキーの箱のデザインが面白いね。

  • 「義務チョコレート」は美しいね!

  • こんなのあったんだ!

  • 友達同士では、友チョコ!

  • サッキーじゃなくて、スッキーだろうね。

  • いいねー。

  • 面白い!!

バレンタインシーズンになると、商品・新商品もたくさん並びますが、いつものことなので気にも留めなかったのに、ポッキーがこんな変化をしていたとは驚きでした。
これなら自分の気持ちを素直に伝えられていいですね。
また義理チョコへの反応が多く寄せられていました。
もらえない人にとっては、義理チョコでも欲しいのはどこでも同じかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース