海外「いつもの買い物が倍楽しくなる!」IKEA店内一周を見学してみた



イケア(IKEA International Group)は、スウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界に出店している世界最大の家具販売店です。
家具といったらイケアというほど世界では浸透し、低価格・デザイン・アフターサービスのよさなどが理由としてあるようです。

また店内には以下のようなエリアがある。

  1. イケア商品を使ったテーマ別モデルルーム
  2. 収納やテーブル、小物など商品別のエリア
  3. 組み立て家具の倉庫
  4. レストラン、ビストロ(ホットドッグなどの軽食がある)
  5. 託児施設(スモーランド)

IKEAでは商品の購買手順が、日本における一般的な家具屋と一部異なります。
まず、1のモデルルームで各商品が実際に部屋に置かれた状況を想像・把握したうえで購買対象を絞り、商品番号を頼りに3の倉庫から希望する商品をピックアップして、レジへ向かいます。
配送依頼は商品をレジに通した後で配送窓口に向かう。

そんなIKEA店内一周に世界の方はどう思っているのでしょうか。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JUkKHNI5UTY


世界の反応

  • こりゃあクールだわ!

  • IKEYAに行きたくなったW

  • ミシガン州にあるイケアと同じに見えます。

  • 参りました!楽しい!!!

  • ここマレーシアでまったく同じに見えます!

  • 新しい発想ですね〜。

  • 私はIKEAに行くたびに必ず迷路のように感じます。

  • この撮り方いいですね!普通の買い物の風景をこんなに面白く魅せられるとは!!

  • イケアは悪夢であることを私に思い出させてくれてありがとう。

  • 行った事ないけどイケアってこんな感じなんですね。

  • これは新発想な車載動画ですなぁ。

  • いいビデオ!アップロードしてくれてありがとう!

  • フロアプランは、シンガポールイケアストアと全く同じです!!!!!

  • なるほどお買い物ワゴン。いいアイデアw

  • 遊び心あっていいなー。

イケアってこんな風になっているんですね。
混んでいる印象しかない私にとって、こうやって店内を見れるとは思ってもみませんでした。世界に広がるイケアは、世界でも同じような作りになっていることが、これを見てよくわかりました。

日本ではまだ少ないイケア、商品の入れ替えごとにやってもらえるともっと面白いかも。
あと世界のイケアのも見てみたい!
客観的に見て面白いけど、勇気ある行動には違いないよね。

スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする