海外「甘くておいしそうだけど、とろけちゃう!」いちごのキャンドルを作ってみた


いちごキャンドルは、造形したいちごを型にはめ、シリコンで型をとり作ったものです。型をとっているため、同じいちごが簡単に増産することが可能です。
キャンドルには、ろうそくの芯をつけることで、火を灯すことが可能です。可愛いイチゴのキャンドルですが、たくさん作って集めて置いておくのもかわいいですし、色違いで作っても楽しめそうです。
そんな「いちごのキャンドル」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=6S7nwzSNveU


世界の反応

  • いちごの造形をよく見ているね。
  • イチゴの再限度が高くて料理動画かと思ったよ。
  • 真似してキャンドル作りしたらなぜかゴミができた。
  • シンプルで、でもすごく手が込んでいて、見ていて幸せ。
  • イチゴの種の部分どうしようかなってなった時に 「爪楊枝切ってべこっとしよう」という発想に至るまで人生使い果たしそう。私には真似出来ないなぁと感動。
  • 誕生日ケーキに使えそうだね。
  • これケーキの上に乗せたらいちご増量って感じ。
  • 良い香りしそう。
  • 一つ一つが丁寧に作られていて素敵。
  • ちゃんと中身が白くて、溶けていくほどに、いちごの甘酸っぱさを感じられた。
  • これはきっといちご農家もびっくりの出来だよね。
  • もはや食品サンプル。
  • リアルだなと思ったら型手から作ってて焦ったw
  • 一つ一つの作業が無駄なく綺麗で、見ているだけで満足できたよ。
  • 甘いところから溶けていく。
  • バースデーケーキの上に乗っけたら楽しそう。
  • スポンジ部分を出したら立派なショートケーキ風キャンドルだよね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする