海外「菊の節句に菊を飾ろう」へら切り 菊の練り切りを使った和菓子の作り方


五節句のひとつ重陽(ちょうよう)では、菊が咲く季節であることから「菊の節句」と呼ばれています。そのため季節ごとの和菓子、和菓子作りを和菓子屋で体験することが出来ます。
練り切りは、和菓子のひとつで、こしあんに求肥(ぎゅうひ)や、蒸して裏ごしした山芋、みじん粉(もち米を加工したもち粉のひとつ)などを加え、練り上げたで、生菓子のことです。白あんに色を付け、四季折々の植物、風物詩をかたどる繊細な作業が必要となります。
そんな「へら切り 菊」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g1AxwjhuYLc


世界の反応

  • 「16枚の花びらを作る」どうすればそんなに正確にできるんだろうか。
  • シンプルな素材で素敵に飾る方法だね。
  • 菊の花びらを作る方法がとても賢いよね。
  • かわいいとかそういうのじゃなくて、美しいとかきれいって感じだね。
  • とても簡単そうにやれるのがすごいね。
  • 職人じゃん!
  • 素人にしては凄く綺麗。
  • あなたの和菓子ビデオが大好きだよ!
  • かっこいいね!
  • とてもクリエイティブ!




  • これは芸術だね。
  • うわー、すごいね。花びらを作るのに使った道具はなんていう名前なの?
  • 冗談だろ!手際が外科医のように熟練しているね。
  • とても魅力的だよ。
  • 日本人はすべてをとても美しくするよね。
  • 日本の芸術が大好き!
  • 食べるには美しすぎるよね。
  • 職人芸じゃないですか……。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする