海外「新潟で花瓶を作る女性職人の技術」燕鎚起銅器の新たなる挑戦


燕鎚起銅器(つばめついきどうき)は、新潟県燕市で作られる金工品で、一枚の平らな銅板を鎚で打つことを繰り返し、立体的な形に作り上げます。やかんのように注ぎ口のあるもでは、その注ぎ口まで打ち出すことのできる高い技術があります。
銅器を鉄製の当金(あてがね)という道具に引っ掛け、鎚で打ちながら絞っていき、皿状から筒型へ、さらに袋形に成形していきます。その間に銅が硬くなるので火炉に入れて軟らかくする焼き鈍し(やきなまし)をします。これらの作業を交互に繰り返し、形が完成します。
動画では、玉川堂の女性職人が作る「花瓶」の作業工程を見ることが出来きます。
そんな「燕鎚起銅器」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=odWl4M-Pzw0


世界の反応

  • 日本は職人を大切にしているんだね。
  • 美しい仕事だね!伝統を継承してくれる人がいるのはとてもうれしいことだね。
  • とてもかわいい女の子だね。
  • 作ることの美しさを生かし続けることは素晴らしいことだよ。
  • 美しい芸術は200年は生き残れるはず。
  • 銅細工の見習いをしていた時にこんな風な仕事をしていたよ。
  • 魅力的だね。
  • 美しいものを作る職人を本当に尊敬しているよ。
  • 信じられないほどの作品だね。
  • 耳の保護具の使用をお勧めするよ。
  • 美しい作品。そして伝統的なテクニック。若い人がクラフトを続けているのを見るのは素晴らしい。
  • 高いスキルが伝統を守り続けるんだね。
  • 本当に素晴らしい!
  • 銅の変色をどのように防ぐんだろうか。
  • とても若いのに素晴らしいスキルだね。
  • 優れた品質とテクニックだね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする