海外「こんな場所がまだ残っていたなんて」熊本の球磨川第二橋梁と川下りはのどかな場所

スポンサーリンク

「第二球磨川橋梁」は、球磨川第一橋梁と同じく、 明治41年に架設、アメリカ人技師クーパーとシュナイダーが設計し、アメリカン・ブリッジ社が製作したトラス橋です。 第一と第二は橋の長さが違い、 第二の長さは橋長179mで、第一より少し短いです。
橋脚上の連結部に60度の斜角がついた「トランケート式」と呼ばれるものは、球磨川第一橋梁とともに、全国に2つしか残っていないと言われています。

また日本三大急流のひとつに数えられる球磨川は、九州山地の宮崎県堺の水源より八代まで全長約115kmの河川です。川下りのコースは大波小波の荒ら波を進んでいく「急流コース」と、人吉の街並みと早瀬を楽しむ「清流コース」の2つあります。

そんな「熊本の球磨川第二橋梁と川下り」の様子を見てみましょう。

  • 日本にこんな場所がまだ残っていたなんて。

  • 美しいです!

  • のどかで平和的な場所だね。

  • ウェストバージニア州のように見えます。

  • 非常に素晴らしい!!

  • 地球上で最も素晴らしい場所を見ました!

  • 映像がとても美しいね。

  • 蒸気機関車サイコー!

  • 日本に行きたい~。

  • 鉄橋が川に映えていてとてもいいね。

貴重な橋だそうですが、とても存在感があり、蒸気機関車にも映えて素敵な橋ですね!
また川下りから橋を眺めることもできるので、風景をゆっくり楽しむこともできそうです。本当に川がきらきらして綺麗です。こういうところでゆっくりしてみたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース