海外「リスク付きだが、土地活用はベター」日本の上下式駐車場は本当にいいのか?

スポンサーリンク

機械式立体駐車場は、上下段式の機械式立体駐車場と縦横単式の機械式立体駐車場があります。

「上下段式」は、車両搬出用機器を高さは2段以上に設置したもので、それぞれの段に車を駐車できます。
機器は基本的には地下に潜っており、必要なときだけ地上にでてくるという仕組みです。

「縦横単式」は、上下のみならず左右にも動くので、より多くの車両を比較的小さなスペースで収納することができます。
この設備が地上にあるものを地上式、地下にあるものをピット式と言います。

そんな日本の上下式駐車場を世界の方はどう思っているのでしょうか。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OEMGtH8cFdQ


世界の反応

  • なぜ我々アメリカはこんな駐車場を持ってないんだろか。

  • すごいです。

  • すげークールじゃん!

  • 私たちの駐車スペースは愚かだよ。

  • イノベーション…….アジア人….。

  • ただ、誰かが車の中で自分の子供を残したと想像してみてください。

  • 電源が切れた場合はどうなりますか?

  • 車にいたずらされなくて済むかもね。

  • 下の車を出すのに少し時間がかかりそうだね。

マンションや事務所に多いのが「上下段式」で、
公共の駐車場として多いのが「縦横単式」のようです。

日本は車を持つときに「車庫証明書」が必要なため、
マンションでは駐車スペースの確保が入るために使用されます。
ですが、出庫の移動速度が遅い、雨のときに出しにくい、
2台から3台の車が同じ機器で操作されるため、兼ね合いが難しいなど、問題点もあります。
もし私が利用するとしても、夏の暑さは気になりますが、便利な上を利用したいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース