世界「日本の手仕事にほれぼれ」江戸切子は世界からも認められる伝統の技

スポンサーリンク

江戸切子(えどきりこ)は、江戸(現在の東京)で始まったカットグラスの工法ひとつで、伝統工芸に認定されているガラス工芸品のひとつです。

江戸切子の文様としては、矢来・菊・麻の葉模様など身近な和の文様を繊細に切子にしているのが特徴です。

そんな江戸切子を世界の方はどう思っているのでしょうか。

rapture_20160201151245


世界の反応

  • 世界で多くの方が興味を持っていると思うわ。

  • 機能と美しさの融合が好きです。ありがとう!

  • すばらしい仕事ぶりだ!

  • 一人で一つの道を極めたマスターですね。

  • 素晴らしい、私はこれを買いたいよ。

  • 作業中に見えても完成を見据えて、影がひとつになるようにするんだ。

  • ガラスを切るうえですべて可能性を考えていますね。

  • 彼は東京で働いていますか?
    私は彼の職場を見るのが好きです。

  • このコップはとても美しく、目を話すことができません!

  • いい仕事っぷりだ!

  • 車輪の上ですべて研磨するなんて、驚きだよ!

  • 日本の技術は全く無二な存在だね。本当に素晴らしいです。

  • とてもいいわ。

  • 実際見るともっといいんだろうな。

  • まったく最高だよ。

世界にも江戸切子の美しさが伝わっているようですね。
丁寧にカットし、ひとつの文様を作る様はまさに職人技です!

私も江戸切子の美しさに、何時間でも見ていられそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース