海外「細かな図案と着心地を実現」十日町明石ちぢみは新潟で作られる夏の着物


十日町明石ちぢみ(とうかまち あかし)は、新潟県十日町で作られる織物のひとつで、19世紀の終わり頃、京都の西陣の夏用の反物の見本を持ち帰り、もともとあった十日町透綾(とおかまちすきや)という織物の技術に応用したことに始まります。
緻密に織り上げられた美しい図柄と、緯糸(よこいと)に強くよりをかけた強撚糸(きょうねんし)を使い、湯もみ「しぼ」を出す清涼感のある手触りの絹織物は、夏の着物の代表ともされています。
そんな「十日町明石ちぢみ」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=mYvAdaKFdk8


世界の反応

  • 十日町の民謡にも明石ちぢみが出ているよね。
  • ついに新しいビデオが登場!そして、それは美しいものです。お疲れ様でした。
  • あなたが作っているビデオは芸術的で、とても美しくリラックスできます。
  • 新しいビデオを見てとても嬉しいです!
  • 服を作るためにこれらの生地を買うことができたらなあ!
  • 美しくて涼しそうな織物だね。
  • あなたが作っているビデオは芸術だね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    これは、初めて知りました。絞りの一種?と思ったので、凄いですね。

  2. 匿名 より:

    明石ちぢみは絹だから、夏のお出かけ着物だね。
    浴衣なら、綿の「阿波しじら」がおすすめだよ。

  3. 涼渓 より:

    これって、浴衣にいいのかな。