海外「興味深い一品!」侍の隠れ道具、十手に興奮!

スポンサーリンク

「十手」(じって)とは、江戸時代の警吏の携帯した犯人逮捕のための武具で、長さ30cmから60cmほどの金属棒の握り部分の前に鉤(かぎ)がついている。室町時代以降中国より伝来したものといわれ、犯罪者逮捕の用具として定着した。

抵抗する相手を痛打し、刀が振るわれれば受け止めて鉤でねじ押さえる。格闘中落とさないよう柄尻の鐶(かん)に紐を結わえるが、その色は所属により違い、町奉行与力・同心は赤、関東取締出役は紫か浅黄の房紐を用いた。

警察権力の象徴として、鉄製実用本位な十手のほか、シンチュウ製で意匠をこらしたものもあった。

今回はそんな「十手」を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Cq75kFI6wBA


世界の反応

  • 本当に興味深い一品だ。

  • これは今日の警察官が所有しても良さそうだ。

  • 刃物が無くても素晴らしい。

  • これだけの物が何十万円もしないのが凄いね。

  • 丸い部分だって使い方次第ではかなりのダメージを与えられる。

  • 小さな刃を隠すように改造してあるから、どんな人が何のために所有したのか気になる。

  • これは凄い。

  • 欲しい!

  • これ最高!

  • 侍グッズは大好きなんだ。

  • すごくクールだね。

  • こういうアンティークをもっと見てみたい。

  • 武士が所有したレアなものに見える。

  • 手に入れられて本当にラッキーだね。

  • 良いもの見つけたね!

  • こういう隠し武器があるものは闇市で売られてたものなのかな?

あらゆることに対処できるように、工夫を凝らしてあるので、見ていてとても面白いものだなと感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    ↑町人身分も持ったであって、士分も持ってたよ
    さすまたと同様に非殺傷武器 刀で暴れたら容疑者やっちゃうでしょ

  2. nobody より:

    十手は大小が差せない町人身分が持ったものなんだが
    誤解されているよなあwww