海外「すべてが手作業で素晴らしい!」友禅染の職人技は日本が誇るべき文化

スポンサーリンク

友禅染めは、染め物の手法のひとつで、糊置き防染法の染めで、人物・花鳥などの華麗な絵模様を特色としています。
近世初期から発達し、元禄期(1688~1704)の京都の絵師宮崎友禅斎が描いた文様が人気を博し、その名から友禅染といわれるようになりました。
1555年創業の京友禅の老舗「千總(ちそう)」が友禅染の技術を紹介してくれています。

そんな友禅染の様子を見てみましょう。

  • うわー!それは芸術のキャンバスを身に着けているようなものでしょう。

  • すごい手間がかかっているんだなぁ。

  • とても美しい。

  • 息をのむほど美しい!

  • アメージングな職人技!

  • ただ美しいです!

  • すべてが手作業で素晴らしいです!

  • これは本当に素晴らしいです!

  • 着物を作ることは芸術だね。

  • わ~~~美しい。

  • はるかにオートクチュールを超えています!

  • ザッツ・アート!

  • 驚くべきことです。

  • 非常に美しいです!

  • プロセス全体を見たらとてもすごいです!

  • とてもきれい。

  • とんでもなく細かい仕事だ!

  • 美しい刺繍!私が今まで見た中で最も美しい!

  • とても素晴らしいです。ありがとう!

  • 鮮やかな色は、本当にゴージャスに見えます。

  • 驚くほど美しいです!

細かい作業に携わる職人技がとても見ていて惹きつけられました。
糊(のり)の置き方、筆での色付け、刺繍に豪華な金箔まで、着物はただ着るだけでなく、芸術品としても素敵だなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース