海外「秋田の木目が美しい伝統工芸品」秋田杉桶樽の木材を合わせる技術に感動!


秋田杉桶樽(あきたすぎ おけだる)は、秋田県で採れる秋田杉を使って作られる伝統工芸品で、フタのないものの多くは「桶」(おけ)と呼ばれ、おひつや、漬物桶などが作られています。
またフタが固定されいるものを「樽」(たる)と呼び、酒や醤油の液体の貯蔵、運搬などに重宝され、最近では、コップ、ジョッキなどが作られています。
秋田杉独特の香りと木の特性による吸水性、湿気による収縮が少ない製品は、質が高いと評判で、その丁寧な作りや確かな技術からも納得できます。
そんな「秋田杉桶樽」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4yu-bbpEqUk


世界の反応

  • 彼は全身を使います-彼の情熱とエネルギーは素晴らしいです。
  • 絶妙なアート。
  • 素晴らしい職人技!
  • 古代世界がまだ生きていることを示してくれたこの紳士に感謝します。
  • なんて職人だ!自動化された機器は、単純なツールではありません。パーフェクト!
  • 日本の伝統文化が継承され続けますように。
  • 美しい作品。
  • この紳士の仕事にはスキルと職人の技が見られてうれしいよ。学ぶには何年もかかると思います。
  • 彼がこの技術を今後何年も知識を伝えられることを願っています。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    こういう職人さんの映像を記録として残すのは良いことだね。具体的なやり方など文章では説明しづらいし道具からして職人手づくりの特殊な形で。百聞は一見に如かず!って思うわ。