海外「ぎゅぎゅっと!たくさんのすし飯が詰まった」鯖押し寿司の作り方


押し寿司(おしずし)は、四角い木の枠に酢飯や味付けした具材を型に入れ、ぎゅぎゅっと圧力をかけ作ったお寿司のことで、関西では定番のお寿司です。呼び名はさまざまで、大阪京都では箱寿司という名前で呼ばれています。
その中でよく食べられているのは、サバ寿司や、駅弁にもあるマス寿司などです。地域によって具材の違いがありますが、アナゴ、ハモ、サワラなど季節の魚を使います。作る際は、型に入れてから少し時間を置いて切ると切りやすいですよ。
そんな「鯖押し寿司」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FbXArTcWVkM


世界の反応

  • これは作るのが難しいけど本当に美味しそう。
  • 日本の代表的なブランドがあなたの作品を認めてくれてうれしい。
  • うわー、さばおしずしは本当に美しいね。
  • サバの豊かさが大好き。
  • これは養生サーモンにも良いだろう。
  • サバで美味しい料理が作れるのはいいね。
  • 美味しそう!
  • 先週青森でよく似たものを食べたよ。
  • サバの味と香りが嫌い。
  • 新鮮な紫蘇の葉をどこで手に入れられるか知ってる?
  • サバ押し寿司の味がすごく美味しい。素晴らしいレシピ。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    自分は逆だな・・・
    最近のバッテラはサバが厚過ぎ
    昔は薄っぺらいサバが多かった
    そっちの方が食べなれてる

  2. 匿名 より:

    いつも思うんだけど、サバ部分がもっと厚みがあっていいんじゃないか。押しつぶすから薄くなるのかもしれないけど、なんか物足りないんだよね、口の中が。