海外「本物そっくりな和菓子2種」りんごの練りきりの趣向を凝らした作り方


林檎(りんご)は、10月~12月が旬の、秋から冬にかけてよく食べられる果物です。特に赤い「ふじ」りんごは日本でよく食べられる品種のひとつで、そんな「りんご」をあしらった季節の和菓子は古くから親しまれています。
動画で紹介されている「種のあるりんご練り切り」は、りんごのように皮が剥け種が出て来くるのが特徴です。また「皮が剥けるりんごの練りきり」は、りんごの皮のように細く長く剥くこと出来る、どちらも見た目にもかわいい和菓子となっています。
そんな「りんごの練りきり」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Mrok9bizZ8o


世界の反応

  • とてもよくできているね!
  • 種もちゃんと作ってあっていいね。
  • かわいい!
  • うわー。豪華なつくりだね。
  • とても美しくできたね。
  • 美しい作品だね。
  • すごい!どこで生地を手に入れたの?
  • なんてかわいいの。
  • かっこいいね!
  • 小豆を4粒入れるとこがいいね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする