海外「今も変わらず伝統の柄を作り続ける」奈良うちわが愛される魅力


奈良団扇(ならうちわ)は、奈良県奈良市にある奈良団扇専門店「池田含香堂」(がんこうどう)で160年前江戸後期に創業された歴史あるお店です。奈良の地で100年以上前に考案された鹿、藤の花、春日大社の灯篭の柄や、正倉院に保管されている王冠の模様の二つの柄の透かし彫りを行う。
竹製で作られるうちわは、プラスティック製より軽く、また丈夫で奈良うちはに使われる骨組みは70本と多いため、丈夫でしなやかな上、大きな風を起こすことが可能です。クーラー、扇風機の時代ですが、自然の力で涼しく感じられるため重宝されています。
そんな「奈良うちわ」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=O9rif4daLEI


世界の反応

  • この素晴らしい短編映画のプロデューサーと監督に感謝!
  • 国の遺産を守る忠実で才能のある職人に感謝するよ。
  • とてもかっこいいね!
  • 素晴らしく繊細な芸術作品を共有してくれてありがとう!
  • この家族のおかげで、古代の伝統が伝えられ、生き残り、生きているんだね。
  • 刺激的な発見が出来たよ。
  • 鮮やかさが凄いね。
  • 二人の芸術家の正確さや忍耐力、一貫性が芸術作品を完成させることに必要なんだね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする