海外「おいしいのに見た目が衝撃!」カメノテ処理の仕方



カメノテ(亀の手)は、各地の岩礁(水中にかくれている岩)に付着している。大きさは3センチから4センチが一般的です。岩などにくっついていることから貝と勘違いされがちだが、甲殻類である。
カメノテは、亀の手に似ていることから、その見た目は亀の手、爪などによく似ている。味噌汁の具などに利用される。
そんな「カメノテ」に世界からは驚きの反応がよせられていました。

rapture_20161002015643

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=v8vKKbVEGAs


世界の反応

  • 俺の指みたいだw
  • 龍の手みたい。
  • 龍の足にも思えるw
  • 前に食べてみたことがあるよ。カニのような味だった。
  • 凄いなぁ!
  • これって何?植物?動物?それとも魚?
  • 亀だよw
  • 亀の手と呼ばれるフジツボみたいなものだよ。亀じゃないよw
  • 先史時代の海の幸って感じだねw
  • 味や匂いなどがとても気になるよ。
  • この動画のものは調理済みなのかな?それとも生?
  • 凄い食べ物だよね。
  • 面白いなぁ。
  • これを食べる勇気はないよ…。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    カメノテは地中海沿岸ではそれなりに高級食材だったような…

  2. 匿名 より:

    見た目的に辛いw

  3. 匿名 より:

    こうして映像にするとキモい。でも、美味しい。

  4. 匿名 より:

    酒のつまみに最高
    塩茹で塩加減は好みだな
    波打ち際の岩場にこびり付いてるからマイナスドライバーで取るべし