世界「観光地では多言語対応」おみくじは吉の多さを喜ぶ声続々!

スポンサーリンク

おみくじ(みくじ)とは神社仏閣でみくじ箋(みくじ紙)を使い参詣者が個人の吉凶を占うことです。
古くは国の政治、祭事、後継者を神の意志で占うことがはじまりとされます。

また引いたくじを境内の木の枝に結ぶ習慣があり、「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、凶が吉に転じる」という説もあります。
しかし、最近では木が弱ることから専用のみくじがけ(2本の柱の間に棒や縄を渡したもの)を用意してるところもあるようです。

そんな日本人ならやったことがある「おみくじ」を世界の方はどうみているのでしょうか。

rapture_20160121023024

  • 俺は小吉。

  • 大凶!

  • 日本の「ラッキーアイテム」が懐かしい。

  • 地獄へ落ちるってよ。

  • 読めないのに買ってどうする。

  • 大凶だ。数日間は絶対に家から出たくない。

  • 自分でも調べてみた。「吉」の中でも一番弱いやつらしいな。
    大凶よりはだいぶ幸運らしいぞ。

  • 日本に行くなら必ずやったほうがいいよ。

  • 小吉か。まぁまぁだな。

  • 末吉と小吉は違うぞ。

  • え?違うの?「末の吉」だから小吉のことだと思ってた。

  • 神社によって違うけど、「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・大凶」の順番で並ぶことが多い。

  • 日本に行きたくなってくる。

  • マジか。ずっと「末吉 = 小吉」だと思ってた。

  • 金閣寺には英語と中国語のおみくじがあったよ。俺は吉だった。

  • 俺もそうだと思ってたよ。ひくまでは。

  • 大小の問題ではない。吉なんだから吉なんだ。
    たとえ吉の量が小さくてもいいことがあることには変わりはない。心配するな。

  • その結果に不満ならもう一回引け。次はきっと大吉が出るさ。

  • ベリーナイスよ。

  • 日本の正月にやったのが忘れられない。ちなみに中吉。

人に何が出たか、仲間内で教えあいたくなるのはなぜでしょうね。
人より吉が上だとちょっと得した気分になるからでしょうか。

おみくじは身近に持ち歩く方、引いたところにくくり運気を上げる方などいますが
日本人でも「中吉と末吉」違いなんて理解できないですし、もし説明を求められても私は答えられる気がしないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース