海外「プロの料理人が愛用する包丁」堺打刃物は伝統製法で切れ味抜群!


堺打刃物(さかいうちはもの)は、大阪府堺市周辺で生産される包丁や鋏(はさみ)などの刃物のことで、地金(軟らかい鉄)と刃金(鋼、はがね)の2種類の材料を使って作ります。現在の料理包丁は、丈夫さと切れ味の良さからプロの料理人のほとんどが使用しています。
また堺打刃物は鍛冶、刃付、柄づくりなど分業による、伝統的な製法によって生産されています。 日本刀や鉄砲、後のタバコ包丁の製造で品質の高さから江戸幕府の専売品となるタバコ包丁の製造などを通して発展していきました。
そんな「堺打刃物」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-x-x2AOzLjo


世界の反応

  • ぜひ国で保護すべき技術。
  • 本当に、本当に美しいです。
  • 感動!
  • 包丁の柄に貼ってあるシールはなんだろうか。
  • 伝統的工芸品の条件に満たした場合に貼ることが許可されるんだよ。
  • すごい!
  • 美しい職人技だね。
  • 本当の芸術の形だ。
  • 本焼き作りたいけど弟子の募集はしていないんだよね。
  • 本当に美しいものを作るんだね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    シールじゃなくて焼印にしたらええのにね。模造されちゃうかや?

  2. 匿名 より:

    堺の包丁は高い割に焼きの甘いのが多いと思う。
    こないだ買った、越前の包丁は安い割に焼きが固くて良かった。
    只、堺以外の産地は柄が安物な場合が多いから、すげ替える必要がある。
    最近は、焼き入れの楽な青紙の包丁を買う様にしている。
    白紙の包丁をちゃんと焼き入れ出来る職人が減っているのではと思う。

  3. 匿名 より:

    研がないでいい包丁が欲しい

  4. 匿名 より:

    ネットでもテレビでもこの手の話題を見てて思うのは、何で砥石も一緒に勧めないのか?
    どんな包丁でも研がなきゃただの包丁の切れ味に落ちるのに。
    まして海外のお客様なら、日本の砥石は日本にいる間に買っておかないと思ってしまう

    • 匿名 より:

      普通に砥石を買おうとしても、日本ですら専門店に行かないと中砥しか置いてないとかザラだしな
      アメリカのキッチンナイフってどうやって研いでるのかね
      ナイフみたいにドライシャープナーやオイルストーンやダイヤモンドタッチアップ使ってんのかな

  5. 匿名 より:

    プロでなくとも素晴らしい物は欲しい。
    地元にも訪朝造る人がいてそれもすぐ近くにあるのでいつかはお金貯めてそこでそろえるつもり。

  6. 匿名 より:

    堺市民だけど、プロの料理人の8割は堺の包丁使ってるらしい

    • 匿名 より:

      それはちょっと大げさじゃないかな。
      東京や九州、燕三条なんかでも結構作ってるよ。
      世界のプロの9割以上は、日本製を使ってるそうだけどね。
      ドイツのヘンケルでも、プロ仕様は日本製だもんな。

  7. 名無し より:

    和食の料理人がいる限り、和包丁はなくならないよ。
    鍛冶屋さんは、減るかも知れないけどね。
    魚を捌くのって、出刃包丁でなきゃ、綺麗にできないし。