海外「日本の伝統を支える大工道具」播州三木打刃物の和鍛冶の技術がすごい!


播州三木打刃物(ばんしゅう みき うちはもの)は、兵庫県三木市で作られる金工品のひとつで、鍛造(たんぞう)などの技法を用いて作る打刃物の中でも三木は、古くから日本の刃物の一大産地として知られています。
安土桃山時代、三木城が秀吉により落城、三木の町は壊滅状態になりました。その後、秀吉が、町の復興をしたところ、神社、仏閣、家屋の再建のため、大工職人が各地より集まり、その後、三木の大工道具の発展へとつながったのです。
今でも多種多様な刃物が作られ、小刀、のみ、カンナなどの日用品から工具まで、その伝統技術・技法が永きに渡り受け継がれています。
そんな「播州三木打刃物」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8UN80QmYAbA


世界の反応

  • 古くから高品質のツールと道具を作る職人なんだね。
  • 最高の職人技だね。世界は日本から学ぶべきことが沢山あると思うよ。
  • とても美しいね。
  • 日本は間違いなく世界で最も偉大な職人の本拠地だよね。
  • クールなマスター!
  • 手作りのクラフトでこんな精度が出せるんだね!
  • なんて素晴らしい職人技でしょう!日本には素晴らしい文化があるね。
  • 信じられないほどの精度だよ。
  • カミソリのような鋭いエッジを得るためにどのような種類の砥石を使っているんだろうか。
  • どこで買えるのかな?
  • グローバル化はこれらのスキルを殺している。消える前に楽しんでください。
  • さすが千代鶴の技。整形の時に砥石に溝を作るのは初めて見た。
  • なぜ彼は鍛造に水を使用している?
  • 研ぎ仕上げの工程をすっ飛ばしてる。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする