海外「ほうれん草のゆで方から基本の味付けまで」ほうれん草のお浸しの作り方


お浸し(おひたし)は、食材を茹でたものをしっかり水を切りをし、調味液に浸したものです。または調味液に浸すさずに、茹でたものにしょうゆをかけるときも「おひたし」といいます。
基本の作り方は、ほうれん草を洗い、茹でてからしっかり水気を切って保存容器に入れ、作った調味液をほうれん草に浸します。時短だと1時間から、しっかり漬けると3時間から4時間ほどで味が入り、最後にカツオ節をかけてればおいしくいただけます。
そんな「ほうれん草のお浸し」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DfFv9gTxrbs


世界の反応

  • ほうれん草をかき混ぜると細かくなるよね。
  • シンプルで可愛らしい一品だね。
  • ほうれん草を少し束にしておいたところが大好き。
  • この料理でおばあちゃんを驚かせてみるよ。
  • 私の母は冷凍ほうれん草で作ると思う。
  • 日本人は料理がとてもデリケートだね。
  • ほうれん草の茎を一本一本掴む忍耐力。
  • 美味しそう!
  • ほうれん草を冷たい水に入れたのはなんで?
  • 繊維もたくさん入っているし美味しくて健康的な料理だね。
  • ほうれん草の私の好きな食べ方!とてもおいしい!
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    メインにはなれないけど一品あると嬉しいやつ