海外「愛知特産!進化を続ける技術」尾張七宝は重厚で煌びやかな装飾品


尾張七宝(おわりしっぽう)は、愛知県あま市(旧七宝町)や名古屋市で作られている焼き物で、江戸後期から明治時代に広まった七宝焼は、改良が加えられ名古屋の特産品として発展しました。
風景や花鳥風月などの華やかな図柄の輪郭になる部分に銀腺をほどこす「有線七宝」は尾張七宝の代表的な技術で、国の伝統的工芸品に指定されている。七宝にはさまざまな技法があり、七宝独特のガラスのきらめく様や鮮やかな色味が人々を魅了しています。
そんな「尾張七宝」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=zIJbL5wax8I


世界の反応

  • だから私は日本が大好きなんだよ。
  • 素晴らしい職人技!音楽にも癒されました!
  • これは誰もが素晴らしいと思える美しい作品だよ。
  • 日本のすべての物語、文化、芸術がどれだけ素晴らしいか。
  • これはとても美しいね!すべての作品に込められた職人技は信じられません。
  • 日本の伝統工芸ってこんなにも沢山あるんだね。
  • 美しすぎる!なんという技術だろう!
  • とても美しい!ありがとう!
  • 日本人はとても素晴らしい職人だね
  • これらは家宝として伝えられるべき作品だね。
  • エンディングの歌がとても美しい。
  • もっと長いビデオをお願いします。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    桜の小物入れほちい!