海外「鹿革の巾着と模様が素敵な特産品」甲州印伝は山梨で受け継がれる伝統


甲州印伝(こうしゅういんでん)は、山梨県甲州氏市で作られる鹿革に漆で模様を付けたもので、印度(インド)より伝来した装飾品をのちに、国内で作られた際に印度伝来を略して「印伝」と呼ばれています。
印伝は、袋物として江戸時代には各地で作られ、当時から庶民の間で親しまれていましたが、今製法が伝わっているのは「甲州印伝」のみです。鹿皮に燻(ふすべ)、浸染(しんぜん)、捺染(なっせん)、漆置きなどの加工を施したものは、手触りがよく丈夫で、信玄袋や巾着袋、ハンドバックなど、山梨特産品として今でも様々な商品が作られています。
そんな「甲州印伝」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=TVIqsg0Rzdk


世界の反応

  • 日本の伝統芸術に関する美しいシリーズだね。
  • とても有益でインスピレーションを与えられたよ。
  • 印伝の桜柄の長財布が欲しい。
  • インターネットで販売されているのかな?
  • ヴィトンがアイデアをどこで得たのかわかったよ。
  • 亡き父が印伝のクラッチバックをオーダーしていたことを思い出したよ。
  • 一種のスクリーン印刷のような作品だよね。
  • 国際的に販売しているのかな?もし売っているのならサイトを紹介してほしい。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする