海外「長野 和家具の美しさと懐かしさに心奪われる」松本家具の組手接手の技術


松本家具は、長野県松本市で作られている家具です。生活の中から生まれた実用的な和家具は、素朴な素材と耐久性に優れ、新しさを取り入れつつも、懐かさを残しています。今でも松本民芸家具が作る家具は、使い手に寄り添った作りとなっています。
欅(けやき)、ミズメザクラ、栃(とち)、楢(なら)などを無垢材を「組手接手」(くみてつぎて)は、約300年前、江戸時代から作り続けられてきた伝統技法で、見た目にも美しい仕上がりは見る者を魅了し続けています。
そんな「松本家具」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ICwu_mG8nIQ


世界の反応

  • このチャンネルが大好きだよ。
  • 製品がとても美しくて巧みに作られているのでもっと知りたいよ。
  • 素晴らしい職人だね。
  • この作品のシンプルなデザインが素晴らしいね。
  • すごい素敵な職人技。
  • フリーハンドの描画と職人技の素晴らしいスキルが大好き!
  • 職人の技に勝る機械は無いよね!
  • 日本の家具は質が違うね。日本の伝統文化が継承され続けますように。
  • どのような仕上げが使用されているのかな?
  • 日本人は中国人よりも中国文化を大事にしているね。
  • 最初は単に美しいと思ったけど、じっくり見ているとより深いレベルの美しさを感じることが出来るよね。
  • 暖かいコーヒーを飲みながら作品を見ているよ。投稿してくれてありがとう!
  • 何回も人生があったらこーいう仕事に就いてみたい。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする