海外「1960年代の団地と最新システム」日本の中流階級向け住宅の暮らし


団地は、1950年代後半に日本の政府機関によって建てられたもので、全国的に見ることができます。しかし、今ある建物はリノベーションや建て替えされたものが多くあり、現代でも住みやすいように時代の流れによって変化しています。
そのため団地の近くにはスーパーやコンビニ、学校や公園などが揃い、駅から歩いて行ける便利な立地です。後半には、バリアフリー、車椅子向けの最新住宅も合わせて見ることができます。
そんな「日本の中流階級向け住宅」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Ave4FiC2k8I&t


世界の反応

  • 日本の中流階級の住宅をビデオで全部見たなんて信じられない。
  • 最後の実験ユニットが非常に興味深いね。
  • 素晴らしいビデオ。
  • 公営住宅に住んでいる人を知っているけど、居住者が廊下などの共有スペースを掃除しているのがすごいよね。
  • 日本に住んでいるけどバリアフリーのデザインを見て感動したよ。
  • 車椅子ユニットが大好き!
  • コックピットモードが非常に創造的で便利だね。
  • 動画の品質がとてもいいね!
  • とても面白い!私の知る限り、私の都市には公共の住宅はあまりないんだよね。
  • 日本の深い風呂が好きだよ。
  • アニメのようだね。
  • 素晴らしいトピック。 ここで世界は日本から学ぶことができそうだ。
  • うわー、なんて素晴らしい作品でしょう!
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    “一億総中流化”の中流と欧米の”中流階級”って、なんか意味が違うよね?