海外「徳島県三好市の素朴な景色」名頃地区・かかしの里を散策してみた


かかしの里は、徳島県三好市にある名頃(なごろ)集落のことで、そこでは手作りかかしの製作を続け、あちこちで人間のように生活している姿を見ることが出来る。その数はそこで生活している人口より多く、その数は今でも増え続けているという。
祖谷のかずら橋を通り過ぎ、酷道の難所を超えると、今でも集落ではかかしの里・本部に駐車場が用意され、建物に入るとたくさんのかかしが出迎える。そこでは表情豊かな案山子作りの体験することができる。
そんな「名頃地区・かかしの里」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4zvt28mlm-k


世界の反応

  • 夜は歩き回りたくないよ。
  • どうやってこの場所を見つけたの?とてもユニークな村だね!
  • ライブストリーミングで見たよ。町がとても憂鬱な感じに見えるよ。人形はかつての町のコミュニティへの賛辞だよね。
  • 数ヶ月前、Youtubeのドキュメンタリーで見たのを覚えている。若い世代が就職やキャリアのために大都市に移り住み、その結果ゴーストタウンになったんだよね。個人的には都会よりここに住む方がずっと好きだよ。自給自足できる機会がたくさんあるしね。
  • ちょっと不気味じゃないかな。
  • 幼くして故郷を離れた綾野月見は、2000年代初めに父の世話をするために名頃に戻り、田畑に置いてあった人形を似せて作った。彼女はそれ以来、交代要員を含めて400人以上を作り、村には約350人がいる。居住者や元居住者に似せたものも多いが、新たに作ったものもある。
  • 素敵な場所だね。情報ありがとう!
  • ちょっと悲しいよね。人形がある理由は、寂しさを紛らわそうと残った住民が作ったからだと記憶しているけど。
  • 今はドローンを使っているなんて・・・。
  • そう、ランバラックは今やドローンの達人だよ。
  • この場所は時間が経過しないようだね。素晴らしい映像をありがとう。
  • 狭い川が流れている小さな村。昔そこに住んでいた「カッパ」の話があるかもしれない。
  • 何てすごい女性なんだろう!少なくとも今では、彼女の作品を見に村に来る人がいるから彼女が今までほど孤独でないことを願っているよ。
  • とてもユニークでかっこいいね。
  • 私はこの場所を訪れたことがあるよ。実は、ちょっとホラーな感じがして・・・。とにかく彼女は素晴らしい仕事をしたよね!
  • ちょっと気味が悪いね。これがホラー映画に出てくるのを見ることができるかな?
  • 四国はとても美しいところだね。山の中の古い山村と海岸の古い漁村。四つの主要都市を除けば、日本の戦後すぐの時代に戻った気がするよ。
  • みんなかかしになった!
  • かかしは少し気味が悪いけど、日本の一面を見せてくれた。
  • すごい緑色だね!ドローンの視界がとても細かい。
  • このような村が存在するとは思いもしなかったよ。
  • 今、名頃に行くと、新しいかかしがコレクションに加えられているのがわかるよ。
  • この場所は、とてもクールだけど不気味でもあるね。
  • どこから服とドレスを手に入れたのか不思議に思う。
  • どれもとても印象的で、体育館の窓からの眺めが特に好きになった。
  • 自動販売機がないのには驚いた。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    最初はお父さん、それからいなくなった近所の人たちを代わりに作り始めたと聞いた。
    その先にある二重かずら橋目当てに途中で通ったけど、いきなり道端に人がいる!と思ったらかかしで、正直こわいわ!と思った。
    でも成り立ちを考えるとちょっと寂しいな。
    本当にこんなところによく住んでいるなって感じ山の中のさびれた集落だから。

  2. 匿名 より:

    作りたい人が作ってるにすぎないと思う。不気味で気持ち悪い。到底日本人は受け入れられない。