海外「現代の暮らしに息づく竹すだれ」大阪金剛簾は天然竹で織る美しいデザイン


大阪金剛簾(こんごうすだれ)は、大阪府富田林市、河内長野市、大阪市で作られる竹工品です。地元の山に自生していた真竹(マダケ)を使い、質の良い竹簾(すだれ)が作られるようになりました。
古くは将軍や大名が、現在では皇居、神社仏閣、教会の装飾として、格式、装飾として夏には涼をとるため愛用されたものが発展したものです。天然竹の素材を活かした、格調高い簾(すだれ)は、室内の仕切りや日よけとして使われ、日本的な雰囲気のある優しい美しさを備えています。
現在では伝統的な簾などの製作のほか、近代的なデザインを取り入れた製品など時代に合った簾が作り続けられています。
そんな「大阪金剛簾」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9bW26CcjlQc


世界の反応

  • 見るに値する芸術作品だね。
  • とても刺激的だよ。
  • アジアの人々が作りだす美しいものにいつも驚かされている。
  • 竹の節を模様として使っているのを見て驚いた。
  • 我が家にもほしいよ。
  • 日本の製品品質は世界一だね。
  • なんて美しいショートフィルムなんだろう。
  • 竹の成長はとても速いから一般的な建材よりもいいよね。
  • ありがとう!いい仕事だ!
  • 控えめに言っても職人の技と優雅さは凄いよね。
  • 日本の職人技が大好き!
  • これぞ日本製って感じ。
  • 日本、ドイツ-世界で最高の国!
  • なんとも美しい。共有していただきありがとうございます。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする