海外「丁寧な手つむぎ・手織物の仕事に感動」結城紬は茨木で最古の織物


結城紬(ゆうきつむぎ)は、茨城県結城市を中心とする地域で作られる伝統的な織物で、手織紬ともいう。真綿から手で糸を紡ぐ、ふわふわとした柔らかい手つむぎ糸を使い、たて糸とよこ糸を織る姿は昔から変わりません。織るときは他とはちょっと変わった地機(じばた)で「腰の力」を利用して布を織っていきます。
結城紬は製造工程がすべて手作業、手紡ぎということもあって高級な絹織物として、また日本で最も古い織物として、重要無形文化財にも指定されています。
そんな「結城紬」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yXR6hCTIOh0


世界の反応

  • 芸術性、献身、そして制作が本当に素晴らしい。
  • 素晴らしい仕事だね。こういった仕事をするすべての人をとても尊敬しているよ。
  • 日本はとても素敵な人々でいっぱいの美しい国だね。
  • 並外れた技術だね。
  • とても美しいね。多くにスキルが必要そうだ。
  • すべてのレベルで非常に刺激的だよ。
  • 最近では珍しい商品だよね。
  • 日本人が普通の日常生活の中での丁寧さ、清潔さ、細部への細心の注意には徹底的に心を打たれたよ。
  • 美しい作品だね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    絹のイメージと違ってガッチリ硬くて驚く。
    ただ、化繊とかと違ってゴワゴワはしていない。