海外「徳島特産の独特の伝統製法」大谷焼の仕事ぶりが最高!


大谷焼は徳島県鳴門市の大谷地区で作られ、江戸時代後期に大分の焼き物細工師が赤土で作って以来200年以上の伝統がある陶器です。
その特徴は、二人一組で製作を行う寝ロクロと大型の陶器を焼くための登り窯(のぼりがま)は日本一の大きさだと言われています。
大谷焼は、大形の水蓮鉢や藍甕(あいがめ)で有名で、他にも日用品など多岐に渡ります。鉄分が多く含まれており、ざらつきが感じられる風合いとかすかな光沢を放つ質感が多くの人々に親しまれています。
そんな「大谷焼」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=R5TZ4urdwxY


世界の反応

  • 素晴らしい、ブラボーだ!
  • スーパープロ。
  • 素晴らしいチャンネルだね。
  • 大谷焼き初めて知りました。
  • 自動で回転しているかと思っていたけど、足で回しているんだね。
  • うわーこれ欲しいわ。
  • 魅力的です。
  • このチャンネルは美しいね。
  • 脚轆轤を見ることができて感動したよ。ありがとう。
  • これは世界で最高の仕事だよ。
  • 大谷焼はやはり大物が映えるね。
アドセンス広告

人気ブログランキングへ
忍者画像RSS(海外の反応アンテナ)

アドセンス広告




忍者画像RSS(ねらーアンテナ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    水上勉の美濃焼を舞台にした小説の中で、赤い腰巻がはだけて白い太腿が・・・
    的な描写がありました。
    轆轤を回すのは嫁の仕事だったようですが、小説の女性は未亡人・・・

  2. 匿名 より:

    機械の方が回転速度が一定だから、作業しやすいと思うわ

  3. 匿名 より:

    小4くらいの時クラスで焼き物して、ハクション大魔王的な装飾も細かい壺作って、焼く前に皆に褒め称えられ得意げになってた…焼いてみたら凝りすぎて自分の壺だけ割れていた…シンプルイズベスト!

  4. 匿名 より:

    さすがにそこは電動とかでいいだろ