海外「関西 夏の定番!冬には飴湯しょうがの甘辛い飲み物」冷やし飴を作ってみた

冷やし飴(ひやしあめ)は、関西を中心に製造されている天然着色の茶色をした飲み物で、麦芽水飴をお湯で溶いたものに、ショウガの搾り汁がピリリと心地よい甘辛さが特徴です。「暑気払い」と言うようによく冷えた冷やし飴は、夏の疲れによく効き、また冬には温かい「飴湯」が提供されます。
今では関西を中心とした限られたエリアでしか見かけることが出来ませんが、関西では都文化として葛を甘味として食べる文化があったため、残ったとされています。 現在でも変わらぬ味として親しまれています。
そんな「冷やし飴」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=fRPMny34Fdk


世界の反応

  • 喉の痛みや風邪に良いようです!
  • 瓶がオシャレ。
  • サムネイルを見て、スコッチだと思ったよ。
  • 炭酸で割ったらジンジャーエールっぽくなりそう。
  • おいしそうだけど砂糖が多すぎる。
  • ジンジャーアイスティーのようなもの?
  • 飴って書いてあるから食べるものかと思っていたよ。
  • 自動販売機で売ってる所を見たことあるけどもどんな味がするのか謎すぎて買ったことがない。
  • 喉にとても良さそう。どんな味なんだろう…。
  • ソーダー割りにしたらジンジャエールなのかな?
  • 冷やし飴知らん人どれぐらいおるの?
  • 冷蔵庫で保管できるのかな?
  • 入れ物かわいい!
  • へー、初めて見た!こんなのあるんだね。
  • ちょっとウイスキーだと思った。
  • とてもクールだね。瓶もかわいいし。
  • 冷やし飴知らない人結構いてびっくり。すごく美味しいよ。
  • レモン汁を加えれば完璧だよ。
  • なんて美味しそうな名前なんだ!
  • 本当に美味しそうだね。
  • ソーダ水と混ぜます。インスタントジンジャーエール。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする