海外「和三盆と和栗で作る秋のお菓子」栗きんとん・栗茶巾の和菓子の作り方



栗きんとん(栗茶巾)は、栗を使ったお菓子で、炊いた栗に砂糖を加え、茶巾でしぼって形を整えもので、京都ではこれを栗茶巾(くりちゃきん)と呼んだりする。お正月の栗金団(くりきんとん)とは味も作り方も違う別物で、今回は「栗茶巾」の紹介です。
栗きんとん(栗茶巾)は、丹波産の栗と和三盆糖を使い、秋に旬を迎える丹波産栗を使用しています。栗の素材を生かした仕上がりは格別で、お好みで蒸しあがった栗を混ぜ込むと、違った食感を楽しむことが出来るます。そんなおいしい和菓子ぜひ食べてみたいですね。
そんな「栗きんとん」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=95RgCrpAEh8


世界の反応

  • 蒸しあげると小さな焼きたてのジャガイモに見えるね。
  • 砕いた栗がふわふわしていておいしそうだね。
  • ふわふわの栗に触れたい!
  • おいしそうだね。
  • 和三盆糖はほかの材料で代用可能かな?
  • 焦げたミルクキャンディみたいだね。
  • くりがなんかかわいい。
  • 作る工程がかなりあるね。
  • 栗大好き!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    おせちのごろごろ栗入ってる栗きんとんのほうが見た目派手で受けそう

  2. 匿名 より:

    >和三盆糖はほかの材料で代用可能かな?

    味は落ちるけど、砂糖でも可能。砂糖にブドウ糖を混ぜてやれば多少はマシになるかな?
    風味を除けば和三盆の味の方向性はブドウ糖に近い。