海外「愛知の手作り急須の作り方」常滑焼の職人技が素晴らしい!



常滑焼(とこなめやき)は、愛知県常滑市を中心に知多半島で焼かれ、六古窯のひとつで、起源は12世紀頃とされている。粘土質の良質な土をそのまま焼く常滑焼は、土に含まれる酸化鉄がお茶の成分と反応して、苦みがほどよく出て、使い込むほどお茶がまろやかになる。
また常滑焼は、水引きでひとつひとつの形を成形し、仕上げで急須の取っ手、注ぎ口などをつけていく。古来より焼き締め、無釉の雑器が有名で、焼成により焼きあがると赤身がかった土色になる。他にも大鉢、植木鉢も作られており、外国人にも人気が出てきている。
そんな「常滑焼」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=mxvpFs2XYCw


世界の反応

  • 注ぎ口が見えるけど取手部分の大きな注ぎ口は何だろう?
  • 素晴らしい仕事だね。
  • 日本の匠の技に感動したよ。どこでティーポットを買えるのかな。
  • 音楽と映像が完全にマッチしているね。
  • このチャンネルが紹介する職人技にはとても驚かされるよ。
  • 完璧だね。
  • この芸術を学びたいよ。
  • このビデオをありがとう。本物の臨場感をとてもよく表しているね。
  • 素敵な仕事だね。
  • 真のアーティストって感じだ。
  • 3分半でこれだけ構成できるのはプロのお仕事ならではと納得。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    毎回思うけど、最後手で触るけど手の後付かないのかな
    それだけがマジで気になり過ぎて寝れない