海外「新潟の天然漆と木工を使った特産品」村上木彫堆朱の伝統技術



村上木彫堆朱(むらかみ きぼり ついしゅ)は、新潟県村上市に伝わる伝統工芸品で、村上地方特産の天然漆を使い、朴(ほう)、栃、桂などを使った木地の前面に彫刻を施し、堆朱(ついしゅ)と呼ばれる、朱漆を何回も塗り重ねて厚い層を作り、文様を彫刻したものを作っています。
江戸時代の武士の手によって始められ、また藩が奨励したことも重なり、町民にも発展していきました。堆朱の種類は、堆朱の他、堆黒、朱溜塗り、金磨塗、色漆塗、三彩彫など様々です。
そんな「村上木彫堆朱」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8y1C5XLC42A


世界の反応

  • とても美しい!レリーフの形と曲線が本当に素晴らしいね!
  • すごい!
  • 木彫師と漆。2つの職業が見事に融合し、互いを豊かにしているね。彫りのレリーフがレースの質感や素材を引き立てている!そしてこの完成度で仕上げる!非常に高い日本のノウハウとその高い美的品質は、優れた作品を生み出すんだね。
  • この純粋な美を共有してくれて本当にありがとう!
  • このような工芸品との取引ができれば思ったよ。
  • 日本人の文化や工芸品が大好き!
  • 熟練した仕事を見ているだけでリラックスできるね。
  • 美しい作品です!
  • これらの素晴らしい製品を入手する方法はありますか?
  • 新潟県や東京に来たときに購入するといいよ。
  • とても美しいです!
  • 数え切れないほどのYoutubeの動画の中で、これは最も愛されているチャンネルだね。
  • これはとても平和に感じるね。ビデオを撮ってくれてありがとう!
  • この職人は芸術家だね。
  • 素晴らしい仕事ですね!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    この人はさ、彫刻も塗りも、一人でやっちゃうんだね。
    普通は、別の職人さんが作業するから、イメージの鮮度が落ちてしまう。