海外「宇治茶の産地!和束 緑茶の魅力」日本茶の作り方と知識を学ぶ旅



お茶の葉の産地のひとつ、和束(わづか)町は京都府南部にあり、宇治茶の産地として知られています。しかしお茶は、ほとんどが同じ植物から出来ることはあまり知られていません
また、日本茶の奥深さも知ってもらうために、体験や知識を得ることが大切です。日本茶の良さを一度で理解するのは難しいですが、この動画はとてもわかりやすく説明されています。
そんな「日本茶の作り方」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=S04_KBC8mIA&t


世界の反応

  • ドキュメンタリーの内容がとても良くなっているね。
  • 味が全然違うから緑茶と紅茶が同じ木から作られているとは知らなかったよ。
  • 緑茶がこんなに複雑に作られているとは知らなかった。動画を見ていろいろ勉強になったよ!ドローンの空撮が大好き!
  • うわあ!!!新しいビデオをとても楽しみにしていたよ。
  • 緑茶が大好きだから今度行ってみるよ!あなたの作品はいつも楽しいね。応援しています。
  • こんにちは。ビデオがとてもクールだね!良質な動画を提供してくれて本当にありがとう。
  • 緑茶にどれだけ手間がかかっていたかを知らなかったから、今は生産者への感謝でいっぱいだよ。
  • 緑茶がどのように作られているのかがわかるから素晴らしいね。オーナーの仕事に対する情熱が伝わってくるよ。シェアしてくれてありがとう!
  • 何年か前に和束に行ったけど、そのときは知らなかったよ!
  • お茶が好きだからこのビデオはとても楽しめたよ。
  • ワインやコーヒーのような紅茶の格付けに賛成だよ!緑茶も苦いと思っていたけど、動画を見てまた飲んでみたくなった。産地や栽培時期などでお茶を選べるのもいいね。
  • この家族が大好き。とても幸せで充実していそうだ!素晴らしいドキュメンタリー!
  • 素晴らしいビデオ。今度京都の近くに行ったら、ツアーに参加したいね!
  • 玄米茶もおいしいよね。
  • 教育的で面白いね。コンセプトを気に入ったよ。
  • 彼らが仕事をいかに愛しているかについて話すのを見て、とてもうれしく感じたよ。
  • お茶の淹れ方を学ぶのはとても面白いね。
  • お茶は、コーヒーやワインのようにグレードがあるものがいいし、加工によって味が変わってくる。もちろん無添加植物やハーブティーとは違うよね。私はほうじ茶と烏龍茶が一番好き。
  • 緑茶に関するドキュメンタリーをありがとう。いつか訪れたい!
  • 君のビデオの質はすごくいいよ。
  • 私がyoutubeで見た中で一番好きなビデオの一つだよ。とても参考になるし、本当にそこにいるような気分になれる。
  • 5月に和束に行ったばかりだけど、景色の素晴らしさに10分おきに立ち止まって見て回るしかできなかった。
  • ついに新しいビデオが登場!内容が充実しているね!
  • 面白いビデオだ。普段からお茶を飲んでいるけど、工程がこんなに複雑だとは知らなかったよ。
  • 今度妻と二人で日本を訪れたときにどこに行けばいいかわかったよ!
  • 緑茶がこんなに面白いとは知らなかったよ。
  • お茶のブランドを教えてほしいなぁ。
  • 美しいビデオをありがとう!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    八女茶は宇治茶より渋味が少なくて口当たりが甘いんだよ
    甘いものを食べるときは宇治茶の方が後味がさっぱりするけど、お茶だけ楽しむなら断然八女茶

  2. 匿名 より:

    実は抹茶で近年上位独占してるのは福岡県の八女茶だったりする。
    かつて煎茶と言えば八女玉露と言えば宇治という感じだったがなぜか八女の方が美味しいらしいという事に驚きを隠せない。生産量は相変わらず八女は低いままだから争奪戦状態だろうな。煎茶はほぼ県内で消費してるだろうし。