海外「繊細な技で魅了!」プロ顔負け!コイ寿司の作り方が凄い



コイ寿司は、握り寿司(にぎりずし)の上に、明太子、焼きのりと、イカやエビの具をのせて鯉(こい)に見立てた寿司のことです。
また握り寿司は、酢飯の小塊に具をのせて握った寿司で「早ずし」のひとつです。
ネタのイカに、うろこの模様を入れたり、ラディッシュ・きゅうりの飾り切りは、プロ顔負けの包丁さばきです。特にきゅうりを1ミリ間隔で手早く切ることはなかな出来ないものです。
そんな「コイ寿司」の作り方を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QIqMp-erjvg


世界の反応

  • 俺はすごくクールだと思う!
  • 寿司は何にもまして好きだけど、これはちょっと・・・。
  • 一瞬、本物のコイをさばくのかと思った。
  • これはとにかく凄い!w
  • 美味しそう。
  • 寿司は大好き。
  • これはもはやアートだ。
  • これは凄いなぁ。
  • 凄く簡単そうに作るねw
  • 日本人の調理の仕方は本当に凄いよね。
  • 包丁さばきがすごい。
  • クールすぎる。
  • 食べるのが楽しみw
  • コイが美しすぎて寿司としては見れないよ。
  • でも美味しいんだろうね。
  • この包丁がいいなぁ。欲しい。
  • 不思議で面白すぎる。
  • これは美味しそう。
  • 猫が凄く欲しそうにしてる。
  • 寿司は一番好きな食べ物だよ。
  • 本当にクールだね!
  • このビデオでは猫が一番気に入ったw
  • でもエビとイカの寿司を作るにしては作業量が多すぎる。
  • 食べて台無しにしたくないw
夏の和菓子で、鯉を使ったのは見たことありましたが、それがお寿司でも再現できるとは思ってもみませんでした。特に、白の鯉の透けた感じが、なんともリアルでした。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする