海外「日本人形は風格が違う!」伝統的な人形の着物姿と佇まいに惚れ惚れ



日本人形(にほんにんぎょう)は、日本髪で和服(着物)を着た衣装人形の総称として使われています。日本古来の風俗を模した、舞妓、藤娘、町娘、武家娘、姫君などが多く作られ、厄除けの身代りでもあることから、なるべく身分が高く姿の美しい人形が、婚礼道具として勧められました。

1980年代頃までは、新築や結婚、出産時等の記念品として贈られることも多く、置物として飾られる工芸品としての他、美術的価値の高い作品もあります。

そんな「伝統的な人形」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=zNz-USi_Sxg


世界の反応

  • 私はこれらの人形と絵も好きです。

  • とても美しいね。

  • 素晴らしいビデオだね。

  • 人形を持っている文化を共有してくれてありがとう。

  • 彼らの顔がそれぞれ異なっているのが素晴らしいね。

  • うわー、これらの人形は本当に絶妙だね。

  • 私は1人の人形を持っているよ。

  • 私は何年もの間、世界中からお土産の人形を集めているけど、日本に人形が特にすばらしいね。彼らは工芸品の達人だよ。

  • とても綺麗な人形!

  • 日本の人形を持つことが私の夢だよ。

  • なんて美しい、なんて貴重なんだ!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    戦後の日本では気持ち悪い人形って扱いだわ

  2. 匿名 より:

    暗闇だと怖いよね^^

  3. 匿名 より:

    着物の美しさに惚れなおした。

    で、もうちょっとモダンにした、例えば昭和の女優さんの映画のワンシーンをモデルにした物や、もっと最近の花火大会を楽しむ浴衣姿の女子なんかがあったら、僕も欲しいかな。