海外「福岡で作られる特徴的な文様」小石原焼の素朴な陶器と確かな技術



小石原焼(こいしわらやき)は、福岡県朝倉郡東峰村の小石原で作られる焼きもの陶器のことで、刷毛目、飛び鉋、櫛描き、指描き、流し掛け、打ち掛けなどによって表現される独特の幾何学的な文様が特色で、素焼きを行わず、釉薬を流し掛ける。
17世紀、江戸時代前期、黒田藩主により伊万里より陶工を招いて開窯。当初はその地名から中野焼と呼ばれ大型の甕(かめ)、壺、徳利(とっくり)などの磁器を焼いていたが、18世紀初めから陶器を焼くようになり、その頃から小石原焼と呼ばれるようになる。
昔とあまり変わりのない素朴な風合が長く愛され、生活雑器などが焼かれる。
そんな「小石原焼」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PvVd8fLhc2E


世界の反応

  • このチャンネルを見ると、自分の家には人が作ったものだけを置きたくなるよ。
  • どうしてこのチャンネルは11kのサブしか持っていないのでしょうか、これらのドキュメンタリーの質はとても高いのに。
  • みんなでシェアしよう。
  • 真の主人が行う美しい仕事。東京ではよく飛行機を乗り換えたり、寝転がったりします。お会いしていくつかの商品を購入する時間があるといいのですが。
  • 美しい日本と素晴らしい人々。
  • 優れた芸術作品だね。
  • これはどこで買えるのかな?
  • なんてきれいなんでしょう。船を作っている人を見るのは素晴らしいと思います。一つ一つの作品に込められた思いや作品への感謝を込めています。これを見せてくれてありがとう。
  • いつものように素晴らしい!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする