海外「富山の日本一の銅器技術から見る」高岡銅器の変わらぬ銅像製造工程



高岡銅器は、富山県高岡市で作られる銅器のことで、日本における銅器の生産額の約95%を占めています。梵鐘などの大きいものから、銅像などの細かい作品まで、鋳造技術(ちゅうぞうぎじゅつ)と研磨、彫金、象嵌(ぞうがん)といった技術の融合で発展しました。
高岡銅器の力強さと繊細さ、しなやかさを備え持った造型は見る人の心を惹き付け、時が経つにつれて表情に深みが生まれ、経年変化を楽しむことができます。
そんな「高岡銅器」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dsagouHXbis&t


世界の反応

  • 本当にすごい彫像だね。
  • 職人が働いている!あなたのスキルと信じられないようなスキルを共有してくれてありがとう。
  • 足にかかりそうでめっちゃ怖い。
  • 彼らは地面から銅を掘り出し、精錬し、鋳造し、研磨して崇拝する。素晴らしいスキルだね。
  • 本当にきれいです、ありがとう。
  • とても有益なビデオだね。
  • 素晴らしいビデオとあなたのチャンネルが大好き。
  • 快活な仕事だ。
  • 溶けた銅が飛んできて、ズボンに穴が開いていなければいいが。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする