海外「木の皮を糸のように織る最古の織物」羽越しな布の繊細な作業がすごい!



羽越しな布(うえつしなふ)の羽越とは、地名のことで山形県(羽前)と新潟県(越後)のこを言う。そこで作られる織物は、シナノキなどの木の皮をはいで作られ、素朴な風合と手触が特徴だ。
木の皮を、糸のようにして布を織るしな布は現存する織物としては一番古く、また自然から作り出す製品には手間がとてもかかるが、丈夫で耐水性もある。現在では、しな布を使ったバッグやポーチ、財布など身近な製品として使われる。
そんな「羽越しな布」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=H3yX1xjgk5A&t=16s


世界の反応

  • 工芸の文書化に感謝するよ。機械化と都市化が進む現代社会では、何世紀にもわたる知識が失われつつある。
  • 本当に素晴らしい!これらのアイテムを制作するのに費やした時間が驚異的で、一生懸命に働いてとても忍耐強く打ち込んでいる。素晴らしい人々からいくつかの教訓を得ることができたよ。
  • 木製品の生地は知らなかったよ。
  • デザインするのに必要なスキル、才能、創造性は素晴らしいね。誰もがこの動画を見て、どれだけの作業が必要かを知るべき。シェアしてくれてありがとう。
  • 日本に神のご加護がありますように。
  • この帽子はどうやって作られたのだろうといつも思っていた。
  • 義理の母はしな布織りの着物を2着持っています。彼女はそれが大好きで、特別な機会以外にはめったに身につけません。なぜなら、それらはとても壊れやすく、50年以上もそれらを持っているからです。私は2つのうちの1つしか見たことがありませんが、確かに見た目はとてもシンプルですが、とても人間的なのでとても可愛くて魅力的です。光沢のある絹のような絵柄のものではなく、独特の魅力があり、作業量の多さや今では珍しくなったクチュールガウンのようにも、地味なのでデニムとしても着られます。
    個人的には、新潟と山形の羽越しな布が一番きれいです。
  • いつものように素晴らしい高品質のビデオ撮影、素晴らしい仕事を続けてください。
  • 人間は本当に驚くべきものです。私たちは地球上で生きていくために、身の回りのあらゆるものをどのように使うかを理解することができる。
  • なんて美しいビデオなんでしょう。アップロードしてくれてありがとう。とても素敵で、よく撮影されています!彼女のように情熱と愛と忍耐を持って手工芸品を作る人々を見ていると、本当に感動します。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    本来、すんげえ手間暇かかってんだよね、布って

  2. 匿名 より:

    必要は発明の母の見本だな
    麻も綿も栽培できなかった地域の工夫から生まれたんだな