海外「日本そばの蕎麦切りと茹で方」そばをおいしくいただく手打ちを学ぶ



蕎麦(そば)は、蕎麦の実を挽いて粉にした蕎麦粉、つなぎ、水を使って作られる。つなぎは入れないこともあるが、一般的に小麦を使う。食べ方も様々で、もり蕎麦、ざる蕎麦、かけ蕎麦、ぶっかけ蕎麦などがある。
動画では、仕上げのしが終わり、たたみから蕎麦切り、茹でられて盛り付けをし、蕎麦を手打ちしている様子を見ることができます。特に蕎麦切りは、リズムよくで同じ大きさで切られていきます。
温かいそばや、冷たいそばと、つゆととも、ネギ、ワサビなどのトッピングをしておいしく食べたいですね。
そんな「そば」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EPn3DOyhUms


世界の反応

  • 楽しかった!きっとおいしいよ!
  • 彼はカッティングがとても上手そうだ。
  • そば打ちの技術と技は、とにかく美しく、魅惑的で芸術的で、私たちは心から感謝しなければなりません。
  • 茹で上がったそばをこんなに水洗いするなんて。味が落ちちゃわないのかな?
  • 1つは、麺が調理されないようにするための冷水で、もう1つは、生麺に蓄積する余分なでんぷんを取り除くためだよ。
  • どうして日本や中国、韓国などの国は、私が住んでいる場所よりも見た目の良い食べ物があるんだろうか。
  • まるで韓国の麺 「カルグクス」 のようだ。
  • この人がそば打ちをマスターするのに何年かかったのか想像してみてよ。
  • これは料理芸術だね。
  • どうやって麺を切る位置を把握しているんだろうか。
  • このビデオは日本のレストランで録画したのかな?
  • 自分たちの仕事に誇りを持っている文化を見ることができてとてもうれしいです。
  • トレーを持ち上げている間、老人の手が震えていた。
  • とてもお腹がすいたよ。
  • 驚くべき芸術だね。
  • スパイシーなスープを1つお願いします。
  • そばを切るのに使っていたあの大きな包丁はなんだろう。
  • アメイジング!
  • 麺にはどんな材料が使われていますか?
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする