海外「繊細に作られていて美しい」丸亀うちわの製造過程に感激



17世紀中ごろ、琴平参拝客に土産として売り出したのが始まりといわれています。その後、藩士の内職として奨励され発展し、現在では丸亀におけるうちわの生産は、全国の生産量の約90%を占めています。柄と骨が一本の竹で作られているのが多いのが特徴です。
そんな「丸亀うちわ」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=olIUslC6mv0


世界の反応

  • うわー、とても美しい!
  • これらは本当に素晴らしいです!
  • 素晴らしい仕事!
  • たかがうちわ、されどうちわ。
  • 圧倒的に美しい!!すごい!
  • なんて速度で竹を割るんだ!
  • ブラボー!
  • 何て優しそうな方。
  • 職人さん達すごくかっこよくて、手技シリーズには本当に龕灯します。
  • 見て満足するようなもの。
  • 余計なナレーションが無く、画質も音もすごく良い。
  • なんて素晴らしい仕事でしょう。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    自分も愛用している。購入して8年ほどになるが、大切に使っているので痛みはない。
    団扇の先の方が良く撓るので力を必要とせず、疲れずに扇ぎ続けることができる