海外「実用的で洗練されたデザイン」樺細工の桜の樹皮を生かした技術がすごい!



樺細工(かばざいく)は、日本の木工工芸品のひとつで、秋田県北部、仙北市で18世紀後半に下級武士の副業として始まった。
樺細工は山桜の樹皮を利用し、木地の表面に張ったり、積層状に貼重ねた樹皮を彫刻したものを使う独特の技法を用いる。
山桜の樹皮特有の渋みは実用的で使いやすい。
そんな「樺細工」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qXe09V52muo


世界の反応

  • いつも通り、日本の”ものつくり”はいちばんだね。
  • コメントがかっこいいね。普通に使ってもらうのが一番って。
  • とても正確でとても美しいね。
  • とてもいいね!
  • 純粋な実用性と美しさ。
  • いつか職人に会ってみたい!
  • 美しく繊細な作品だね。
  • 日本には木彫りの工芸品があるのかな?
  • 井波彫刻や一位一刀彫、宮島細工などがあるよ。
  • なんて素晴らしい職人技だろうか。
  • 単に美しいね!
  • 最後のフタの正確さがすごい。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする