海外「砂糖と寒天で作る」宝石みたいな甘酸っぱい琥珀糖は透明でキレイ!



琥珀糖(こはくとう)は、溶かした寒天、砂糖を煮詰めて固めて作るお菓子です。固めた後は、2~5日ほど風通しの良い所でさらに乾燥させます。
寒天と砂糖を固め乾かすことで表面が結晶化、透明になりきれいです。外側はシャリシャリ、中はプリっとしたゼリーのような食感で、意外にさっぱりしているのが特徴です。
そんな「宝石みたいな甘酸っぱい琥珀糖」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lHxFjYikeBU


世界の反応

  • どんな味がするのかとても興味があるよ。
  • 砂糖の量がハンパなかった!
  • 早くお店開くべき。
  • 歯を壊さずに食べるにはどうすればいいかな?
  • すごく美味しそう!
  • 見ていてなぜかリラックスできたよ。
  • ちょー甘そう!
  • 宝石の国を思い出した。パパラチアみたいな色で作ってみようかな!
  • とてもクリエイティブだね!
  • 大好き!
  • 多いのは知ってたけどやっぱり砂糖多いw
  • 砂糖600gには驚いた。
  • 色がキレイでおいしそう!
  • めっちゃキレイ。
  • キラキラしてるw
  • 和菓子のきんつばみたいな食感なんかな?
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1.   より:

    琥珀糖って言うだ、仏壇ゼリーって言ってた。ばぁちゃん家でしか食ったことない。

  2. 匿名 より:

    タイのお菓子にもこういうのがあるね。

  3. 匿名 より:

    水晶ケーキとか作ってる外人に、砂糖ガー!とか言われたくないし。
    アレ、砂糖の結晶じゃん。

  4. 匿名 より:

    昔からあるよね
    噛んだ時のシャリシャリっとした感触が決め手
    小さい切れを一つか二つぐらいを摘むような上品なお菓子だよ