海外「簡素かつ洗練された美しさ」京指物の木目を引き立たせる技術がすごい!



平安期が起源とされる京指物は、高い品格が求められた貴族文化と、簡素な美しさを追求した茶道文化のとともに発展しました。
そのため、指物には無垢板を用いた高級和家具の調度指物と、キリ、スギ、クワ、ケヤキなどの木材を生かした茶道具指物があります。また良材の美しい木目を生かす木地仕上げが特徴で、耐久性も優れている。
特に京指物は、桐やヒノキを用いることが多く、また蝋色(ろいろ)のうるし、螺鈿(らでん)、金工を施した装飾的であるがシンプルで洗練されたものが多いのが特徴といえます。
そんな「京指物」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UNy2gbb-3_E


世界の反応

  • クサビでフィットさせているから接着剤不要なんだね。
  • 大工になりたい。
  • とても美しい。日本人は生活の中で様々な面にアプローチする方法を知っているんだね。
  • お湯で木を柔らかくして手で曲げるんだね。
  • 曲げ木の技術は日本独特のものだね。木と共に暮らしてきた文化のなせる業だと思う。
  • デザインの美しさと繊細さがとても美しいです!
  • どんな種類の木を使っているんだろか?
  • 桐や杉、桑などだよ。
  • お湯の中で曲げるテクニックが面白いね。
  • 日本の道具、技能、細部へのこだわり、職人技…世界一。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする